レディ

害獣の悩みを解決

作業員

天井裏に住みつくパターンの多い害獣は放置しておくと様々な弊害が生じてしまいます。天井裏を傷める可能性も高くなりますから、早めに害獣駆除の専門の業者に依頼しましょう。害獣が入り込む隙間をなくすことも重要です。

詳しく見る

家庭内の害獣を退治

ネズミ

毒エサを使ったネズミ駆除は、巣にいるネズミを一掃できますが、効果が現れるまでに時間がかかることもあります。またネズミは学習能力が高いため、警戒されないよう捕獲器や忌避剤などを組み合わせる工夫が必要になります。

詳しく見る

住宅のコウモリ対策

コウモリ

鳥獣保護法の壁

家の中に得体の知れない生物が住み着いているというのは、誰にとっても気味の悪いことです。住宅に住み着く小動物の代表格はネズミですが、ネズミに似た哺乳類でもコウモリは空を飛べるため何かと厄介です。壁を伝って侵入するネズミと違い、コウモリは外から飛来して高所の隙間からでも侵入できるのです。日本には30種類ほどのコウモリが生息している中で、住宅に住み着くのはほぼ全国に分布するアブラコウモリです。アブラコウモリは都市部にも多く見られ、逆に山間部ではほとんど見かけません。そのためアブラコウモリはイエコウモリとも呼ばれています。アブラコウモリは住宅の天井裏や換気口・シャッターなどに入り込み、昼は中に潜んで眠っています。夕方から夜にかけて活動する夜行性動物なのです。住宅に住み着くと糞尿の被害が及び、ダニなどの発生にもつながります。天井裏に住み着いた場合の騒音被害も少なくありません。コウモリは農作物に被害を与える害獣ではなく、むしろ蛾やゴキブリを食べてくれるため益獣と言えます。鳥獣保護法の壁があるため無許可での捕獲や駆除はできません。コウモリ駆除業者はコウモリを追い出してから侵入口を塞いでいます。

侵入口を塞ぐ方法

市販の超音波発生装置や忌避スプレーなどを使えば、自分でもコウモリを追い出すことは不可能ではありません。しかしながらコウモリは、一度追い払われてもしばらくするとまた戻ってきます。徹底的なコウモリ駆除のためには侵入口を特定し、入り込む隙間を塞ぐ必要があるのです。コウモリ駆除業者は駆除の依頼を受けると、まずコウモリの侵入経路を徹底調査します。アブラコウモリは体長わずか4センチから6センチで体重10グラム程度という小さい動物です。1センチから2センチというわずかな隙間からでも侵入できます。コウモリ駆除業者は高所にある隙間も発見し、侵入されないように塞いでくれます。コウモリを追い出すのに使う超音波発生装置や忌避剤も、プロは市販品よりも効果の高いものを使っています。駆除作業後の保険がついている業者を利用すれば、コウモリ侵入が再発した場合でも無償で対応してくれるため安心です。コウモリは夜行性のため、普段目にする機会は滅多にないものです。注意していれば夕方に家の周りを飛び回っている姿を見かけるかもしれません。近所でそうした姿を見かけたら、あらかじめコウモリ駆除業者に調査をしてもらうことで安心できます。

害獣を駆除するために

はくびしん

ハクビシン駆除のためには、一般的にくん煙剤を活用し、煙で屋根裏などのスペースから追い出す方法により作業します。ハクビシンが侵入した経路の反対側からくん煙剤を焚いて、煙幕でハクビシンを侵入経路へ向かわせ誘導を行います。

詳しく見る