作業員

害獣を駆除するために

はくびしん

屋根裏などへハクビシンが住み着いてしまった時にはハクビシン駆除を行う必要があります。屋根裏から異臭がしてきたり、あるいは害虫やねずみ、コウモリも一緒に棲み着いてしまう切っ掛けとなってしまう事があるためできるだけ早いうちに駆除を行う事が大切です。ハクビシン駆除のためには、くん煙剤などを活用すると効果的だと言われています。しかし使い方を間違えてしまうとハクビシン駆除のために焚いたくん煙剤による煙幕が邪魔をして、逆にハクビシンが逃げていくことが出来なくなってしまう事もあるため考えて活用します。ハクビシンが侵入してきた経路を確認してから、その侵入経路へと追いやる形でハクビシン駆除の煙幕を焚いて退避させます。そしてハクビシンが家屋内から出て行った時には進入口を塞いで、駆除が完了します。

駆除作業としてはまずは屋根裏などから追い出して、捕獲を行う方法で作業します。捕獲の際には、ハクビシンは人を咬むことがあるため注意が必要です。ハクビシンの被害に合わないようにするためにも、必ず作業はプロに依頼をして捕獲作業を行います。ハクビシンの侵入経路から猛獣柵の中に追い込み、檻を閉めて捕獲作業をします。最後に捕獲ができれば作業完了です。作業が複雑なものとしては、ハクビシンの子供が一緒に屋根裏へと棲み着いていた場合の駆除です。子供と一緒に住んでいる場合にはくん煙剤などを活用しても出て行かない事があります。この場合は火薬の爆発音などで追い出したり、あるいは作業員が屋根裏へと侵入して捕獲するという方法で駆除を行う事もあります。いずれにしても安全を確認しての作業となるため、慎重に行う必要があるのです。